Skip to content

第三回「資産管理会社を調べるお」

過去に2度ほどまとめた「資産管理会社」ですが、前回より3年半経ったので久しぶりにやっていこうかと。
 
【過去のまとめ】
資産管理会社のネーミングって個性的ですよね!という話(2013.06.初代調べるお)
ネット系上場企業創業者の資産管理会社を4年ぶりに調べてみた(2017.05.初代調べるお)
 
 

「創業者の名前の英語直訳」編

石橋さんが創ったブリヂストン的なネーミングの資産管理会社は結構多いのではないかと。過去まとめの中では、セプテーニの創業者七村さんの「ビレッジセブン」が該当。今回は2社を紹介します。
 
 
リバーフィールド(ティーケーピー)

コロナの煽りを受けて3月23日に年初来安値を記録してしまった貸し会議室大手のティーケーピー。しかしその後株価は持ち直し、再び1,000億円以上の時価総額を回復しています。そんなティーケーピーの創業者河野さんの資産管理会社は「リバー(河)フィールド(野)」。ちなみに「TKP」の由来は Takateru Kawano Partners とも Total Kukan Produce とも言われているようです。
 
 
FLYINGBIRD(ピアラ)

2018年12月にマザーズに上場し、先月には東証一部に市場変更したマーケティング会社のピアラ。こちらの創業者である飛鳥貴雄さんの資産管理会社は「FLYING(飛)BIRD(鳥)」。直近の株価は非常に好調。
 
 

「創業者の名前を一捻り」編

「創業者の名前の英訳編」とも被るんですが、直訳ではなく、ちょっと一捻り加えた形の資産管理会社をいくつか紹介します。過去まとめの中では、アイスタイル吉松さんの「Y」や弁護士ドットコム元榮さん(TaIchiro Motoe)の「TIM」など。
 
 
Kazy(リンクバル)

街コンのポータルサイト『machicon JAPAN』を運営するリンクバルの創業者吉弘和正さんの資産管理会社は「Kazy」。Kazumasaという名前が由来でしょう。末尾に「y」をつけたり「x」をつけたりは多そうです。
 
 
ティーエーケー(デザインワン・ジャパン)

日本最大級のお店探しサイト『エキテン』を運営するデザインワン・ジャパン。創業者の高畠靖雄さんの資産管理会社は「ティーエーケー」。Takahataから名付けられてると思われます。『エキテン』を眺めているとかつての『e-まちタウン』を思い出してしまいますが、きっちりと光系が大株主になっていますね。
 
 
K&Company(ストライク)

1999年に日本で初めてインターネット上にM&A市場(『SMART』)を開設したストライク。2020年8月期第3Q累計の業績は売上高約50億円、営業利益21億円という極めて高い利益率。現在の時価総額は1,000億円に迫る勢い。そんなストライクの創業者荒井邦彦さんの資産管理会社は「K&Company」。Kunihikoが由来と思われます。
 
 

ストレートな社名

捻りを加えず、単刀直入にストレートに表現している資産管理会社。例で言うとGMOインターネット熊谷さんの「熊谷正寿事務所」やさくらインターネットの「田中邦裕事務所」など。
 
 
オフィス梶本(アルファポリス)

オンラインの小説や漫画を出版して販売するビジネスを長年やっているアルファポリス。オンライン上に投稿される作品をマネタイズする方法は古代よりいろいろ考えられてきたが、ほとんどはオンラインの作品はオンライン(電子書籍等)で販売するしかないという考えが多数を占めていたのではないかと思う。その中でアルファポリスは紙の本にして売るというある意味逆転の発想というか、それで成功した会社。ブログサービスを運営してた僕としては非常に考えさせられたサービスとして思い出深い。さて、そんなアルファポリスの創業者梶本雄介さんの資産管理会社は「オフィス梶本」。変に捻らず王道を進むネーミングは、サービスにも通じるような気がしました。
 
 
池田企画事務所(ウィルグループ)

アウトソーシング事業、人材事業など幅広く展開するウィルグループ。今年は子会社のフォースタートアップスが上場するなど話題になっています。そんなウィルグループ代表の池田良介さんの資産管理会社が「池田企画事務所」。池田さんは識学の社外取締役にもなってるんですね。
 
 

「会社に関連」編

会社名からの連想であったり、会社名の一部を使ったりする資産管理会社もあります。光通信重田さんの「光パワー」やじげん平尾丈さんの「じょうげん」など。名前からではない連想も含めてみます。
 
 
アルタイル(ベガコーポレーション)

家具インテリアのECサイト『LOWYA』などを運営し、自宅需要などの増大などを受けて業績爆伸びのベガコーポレーション。その創業者である浮城智和さんが有する資産管理会社が「アルタイル」。織姫星として知られるベガに対して、彦星として知られるアルタイル。ロマンチックなネーミングですね。
 
 
中野坂上(ブシロード)

『ヴァンガード』などのトレーディングカードで有名なブシロード。その創業者である木谷高明さんはブロッコリーの創業者としても知られていますが、そんな木谷さんの資産管理会社の社名は「中野坂上」。現在のオフィスの最寄駅が中野坂上。創業地の最寄駅が中野坂上かはわからないですが、中野区にずっとオフィスは構えています。
 
 
アズーロ(ブランディングテクノロジー)

かつては「フリーセル」という社名だったブランディングテクノロジー。木村裕紀さんが2009年より社長をつとめる。その木村さん(およびグループの役職員)の資産管理会社が「アズーロ」。意味はイタリア後で「青」。サッカーイタリア代表の通称は「アズーリ」ですが、ユニフォームの青から取られた通称。フリーセルのコーポレートカラーは創業から青なので、そこから「アズーロ」と名付けられたのでしょう。
 
 
光優ホールディングス(コーエーテクモ)

2009年にコーエーとテクモが経営統合してできたコーエーテクモホールディングス。『ウイニングポスト』や『三國志』をやり続けている僕としては非常に気になる会社です。コーエーテクモホールディングスの代表を務める襟川夫妻はコーエーの創業者であり、その資産管理会社は「光優」をはじめいくつか存在していたようですが、2017年にそれらの資産管理会社が統合してできたのが「光優ホールディングス」。「光優」という名はコーエーの元の社名「光栄」からきてると思われます。ちなみに大株主第二位の「環境化学」はテクモ創業家の資産管理会社。大株主にも名を連ねている襟川芽衣さん、亜衣さんは、代表夫妻の娘さん。芽衣さんはコーエーテクモの取締役にもなっています。

新卒採用2020 | コーエーテクモ ホールディン...
襟川芽衣 | トップインタビュー | 新卒採用2020 | コーエーテクモ ホールディングス
https://www.koeitecmo.co.jp/recruit/graduate/2020/interview/vol-8/
2020年度新卒採用|襟川芽衣のインタビューをご紹介します。

コーエーの襟川夫妻のことはたまに記事になったりするけど、毎度面白いのでいくつか紹介しておきます。


恵子会長の趣味が全開の本社オフィスを建物訪問でおなじみの俳優渡辺篤史さんが取材するという面白記事もついでに。

 
 

「絶対王者」編

光パワー&鹿児島東インド会社(光通信)

「絶対王者」ってなんだよ笑 って感じですが、光通信です。初回でも取り上げましたが、重田会長ご自身の「光パワー」、そしてお子さんたちの「テツ、マサ、ミツ」は資産管理会社マニア界隈ではとても有名。しかし「テツ、マサ、ミツ」に一昨年異変が起こりました。


なんと「テツ、マサ、ミツ」の3社が合併して一つの資産管理会社になったのです。そしてその会社名が「鹿児島東インド会社」。もう何がなんだかわかりません。ちなみに所在地は六本木です。やはり光通信重田家はすごい。
 
あと、資産管理会社とは関係ないですが、光通信は上場株をめちゃくちゃ保有してて、先日ざっくりと調べたので、最後にそれを紹介して今回の記事は終わりにしたいと思います。また次回。